• フン害に悩まなくて済む速やかなこうもり撃退

    夕方から夜にかけて、ガサガサ・キィキィうるさかったりフン害に悩まされていませんか。



    騒音の原因はねずみ以外の可能性があって、夜に活動する動物の中にこうもりがいます。


    洞窟に棲みついているイメージを持っている人が多いですが、倉庫や昔ながらの蔵の天井裏に住み着くことがありますし、一般住宅やマンション・アパートなどでも天井裏の通気性をよくするために開けられている通風孔などから棲みつき、昼間は寝ていて夕方から夜に起きだしエサを取りに出かけたりします。同じ場所にフンをする習性があって、こうもり撃退をすみやかに行わないとたくさん溜まっていってしまいます。

    天井裏からしみだして来たり匂って来たら不衛生ですし、ダニやノミ、雑菌の繁殖などを避けるためにも大切です。


    繁殖期に数を増やさないためにも、確実にこうもり撃退を行う必要があります。

    よりシンプルさを追求したgoo ニュース情報を網羅した総合サイトです。

    鳥獣保護対象になっていますから、個人がむやみに殺処分してしまうことはできません。
    バルサンを焚いて追い出した後に進入口を塞いだり、超音波を発生させる装置を取り付けて近づかないようにさせる対策があります。
    こうもり撃退を行っているプロの専門業者に依頼すれば、建物の状況や蝙蝠の種類、数などに合わせて対策を行い、こうもり撃退だけでなく、棲みついていた場所の掃除や消毒までも一手に引き受けてくれるため便利です。
    こうもりは一度逃げ出しても戻ってくることが多いですから、進入口を塞ぐのは必ず行わなければなりません。



    通風孔を完全に塞ぐと湿気が溜まりやすくなったりするので、目の細かな金網などを利用しましょう。