• 家に住み着いたこうもり撃退法とは

    こうもりは、夜行性で昼間はねぐらで寝ていますが、日没頃から一斉に飛び出してきます。
    日本に生息するこうもりは、通称イエコウモリと呼ばれ、家屋の天井裏等、人為的な空間に生息します。

    小型の為、2cm弱ほどの隙間があれば侵入することができ、天井裏や戸袋などに住みつくことがあります。一旦住み着いてしまうと、追い出すのに大変手間が掛かります。
    それに、こうもりの糞には菌が多く、衛生上良くありません。子供が触る危険性もあります。
    余り知られていないと思いますが、こうもりは、鳥獣保護法によって保護されているのです。



    ユスリカや蛾など虫を捕らえて食べるので、益獣としての役割も非常に大きい動物だからです。

    ですから、たとえ業者に依頼しても、コウモリを追い出し、侵入口を塞ぐ事しか出来ません。

    OKWaveについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

    業者に依頼すると、多額の費用が必要となります。


    そこで、こうもり撃退法として、色々な方法があります。
    夕暮れから夜間にかけて外に出て行く個体が多いので、この間に侵入口を塞ぐのが一番いいです。けれど、全ての個体が出て行ったのを確認するのは難しく、繁殖期などには、子供が残されている場合があります。

    こうもり撃退の一番手軽な方法は、スプレー式の忌避剤を使うことです。ホームセンター等で購入出来ますから、試してみるのもいいかもしれません。



    住み着いた場所にもよりますが、蚊取り線香をたいて追い出すという手もあります。
    只、どれも匂いによる追い出しですから、効果は長く続きません。


    こうもり撃退は、かなり難しいと覚悟しなければならないです。

    やはり、害獣駆除業者へ相談し、依頼するならしっかり見積もりを取ることが大事です。